スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオイラガ

桜の木の根元にアオイラガの幼虫が転がっていた。
どうやら既に死んでいるようで、アリがたかっている。

イラガ系は毒針を持っており、刺されるとたいそう痛いという評判だ。
しかしアリ達は毒針など気にせず平気でアオイラガにまとわりついている。
やっぱり虫の体は刺さらないような構造をしているのだろうか。カマキリもイラガの幼虫よく食うし。
しばらく眺めていたら段々触ってみたくなってきたので、本当に触って痛い思いをする前に退散するのであった。

それにしても、イラガなどの刺す毛虫は毒々しい姿形をしているものが多い。
不気味さと共に美しさも感じる。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。