スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿のいる森はいない森よりクモの数も種類も少なくなる

今日は研究室の論文発表会で私の番。といっても自分のではなく論文紹介大会のような感じだが。
選んだ論文はタイトルのような内容。

クモの生息は巣を張る足場の数に大きく影響される。
その足場となる草本類が鹿により食べられてしまい、その結果足場の数が減りクモの数も減ってしまう、というお話である。
色々と勉強不足でツッコまれまくりのダメダメの発表になってしまったが、終わりさえすればこっちのものであるという負け犬思考。
ちなみにもう一人いた発表者の先輩の内容はカエルは都市部に行くと減るみたいな感じの内容であった。明日も先輩が二人やるので面白い論文であることを期待する。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。